Windows 8.1はスタートボタンを復活させますが、スタートメニューは復活させません

Windows 8.1(ブルー)デスクトップ、復活したスタートボタン

Windows 8.1(Blue)の最新のリークされたビルドによると、スタートボタンとメニューは意気揚々と戻りますが、Windows 7のスタートメニューのようには見えず、機能しません。 Windows Blueの場合、左下隅に[スタート]ボタンが表示されますが、クリックすると、復活したWindows 7スタイルの[スタート]メニューではなく、Metro画面がぎこちなく表示されます。

この最新情報は、 メアリージョーフォーリーズ Windows 8.1の最新の内部ビルドで遊んでいると思われる「良い情報源」、および ポール・サロット 実際にWindows 8.1のMilestone Previewビルドを手に入れたようです。私たちはどちらの情報源も疑う理由はありません。 FoleyのソースとThurrottのスクリーンショットによると、Windows 8.1のスタートボタンは、現在チャームバーの中央にあるフラグアイコンのように見えます。デフォルトでオンになる可能性がありますが、オフにするオプションがあります。



デスクトップモードでは、現在の「ホットコーナー」機能が消えるようです。新しいスタートボタンは、Windows 7の場合と同様に、ピン留めされたプログラムの横のタスクバーに配置されます(上図)。 Metroでは、スタート画面のサムネイルを表示する代わりに、マウスを左下隅に移動すると、Windowsフラグアイコンが表示されます。



Windows 8.1(青)スタート画面、同じデスクトップ壁紙

Windows 8.1(青)スタート画面、デスクトップと同じ壁紙(画像クレジット:Paul Thurrott)

Windows 8.1の[スタート]ボタンをクリックすると、Metroの[すべてのアプリ]ビューにジャンプします。これは、基本的にコンピューターにインストールされているすべてのプログラムのリストです。 Windows 8の[すべてのアプリ]ビューはアルファベット順の固定リストですが、Windows 8.1ではアプリを移動して、カスタマイズされた「スタートメニュー」を作成できるようです。さらに、Thurrottによって共有されたスクリーンショットは、Windows Blueを使用すると、MetroとDesktopの両方で同じ壁紙を使用できるようになることを示し(上記の写真)、大幅に異なるインターフェイスパラダイムによって生じる不和を大幅に減らします。



マイクロソフトは、これらの変更により、Windows 8.1のスタート画面/メニューのエクスペリエンスが、現在よりもはるかに不快にならないことを期待しています。関連ニュースでは、どちらのソースも、Windows 8.1ではデスクトップから直接起動できることを確認しており、ログイン後にMetroインターフェースを完全に回避しています(参照: Windows 8でデスクトップを直接起動する方法。)

現在のフルスクリーンのWindows 8 All Appsビュー。スタートメニューの置き換えではありません...

現在のフルスクリーンのWindows 8 All Appsビュー。スタートメニューの置き換えではありません…

一見、これらの変更は大歓迎ですが、実際には、Windows 8.1の[すべてのアプリ]ビューがどれほど便利であるかがすべてです。現状では、[すべてのアプリ]ビューは、Windows 7の[スタート]メニューと比較すると役に立ちません。 Microsoftがアプリの移動や並べ替えの変更を許可している場合でも、マウスを画面の一番上まで移動する必要があるという事実を回避することはできません。 Windows 8.1が[スタート]メニューをポップアップダイアログとして再導入したとしたらすばらしいのですが、残念ながら、Microsoftはフルスクリーンの愚かさから完全に戻る準備ができていないようです。



マイクロソフトは、6月26日にWindows Blue(8.1)のパブリックプレビューをリリースします。それまでの間、Windows 8ユーザーの場合は、 スタートボタンとメニューの復元に関するガイドを読む

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com