顕微鏡下でのiPad 3のRetinaディスプレイの外観

iPad 3 RetinaディスプレイとiPad 2

おそらくご存じのとおり、 新しいiPadのRetinaディスプレイ 非常に小さいため、人間の目ではほとんど見ることができません。しかし、上記のように、顕微鏡で80倍の倍率で見ると、ストーリーは非常に異なります。

上の写真は、iPad 3(左)とiPad 2(右)のLCDディスプレイです。 ルーカス・マティス、スイスのソフトウェアエンジニア兼UIデザイナー。彼は今朝iPad 3を受け取りました。他のどんな専門家とも同じように、彼が最初に行ったのは、美しい2048×1536 Retinaディスプレイを最初に目で、次に顕微鏡で調査することでした。それから彼は自分のiPad 2の画面をチェックアウトし、はるかに大きい(そしてまったく異なる形の)ピクセルに驚嘆しました。満足していない、彼は自分のiPod Touch、iPhone 4S、Kindle Fire、Google Nexus One、PlayStation Vita、そしてさらに、そしてまあ、マティスにはかなりの ガジェットの数(それらの束を以下に示します)。



とにかく、解像度の非常に明らかな違いにもかかわらず、それらはすべて約80倍の倍率で撮影されているため、ピクセルサイズは相対的です。ピクセルのレイアウトと形状は非常に興味深いものです。たとえば、iPad 2の場合:サブピクセル(赤、緑、青)が四角形ではないだけでなく、緑のサブピクセルは1つの形で、赤と青は別の形です。 PlayStation Vitaの場合、青のサブピクセルは赤と緑の半分のサイズです。 Google Nexus Oneでは、非常に悪質なものを見ることができます PenTileマトリックス — HP VeerおよびPlayStation Portableディスプレイ(Mathisのサイトに掲載)、各ピクセルに濃い線で傷が付きます。



顕微鏡下のさまざまなLCDスクリーン

これらの違いはすべてどういう意味ですか?さて、私たちは今、LCDとOLEDテクノロジーの難解な領域に移動しています。ピクセル間(場合によってはピクセル内)の暗いギャップは、主に制御回路(各サブピクセルにいくつかの微細な銅線が接続されている)と各ピクセルグループが「正方形」であることを確認する必要があるために発生します。 (3つのサブピクセルの各グループの周りに想像上の四角形を描画します。意味がわかります)。奇妙な形は、ほとんどの場合、各サブピクセルが放出する光の正確な量を制御することです。 PS Vitaの場合、細い青色のサブピクセルを使用しているため、放出される青色の光の強度は赤または緑の2倍であると考えるのが安全です。全幅の場合、結果の画像は非常に青くなります。



ただし、それよりも複雑です。それはバックライトが青のヒントを持っているかもしれないので、青のサブピクセルは補償するために小さく作られています。ディスプレイの防眩コーティングは、より多くの赤と緑を吸収する可能性があるため、これらのサブピクセルを大きくする必要があります。また、ディスプレイメーカーによって手法が異なるという事実もあります。サムスンは長方形を好むかもしれませんが、シャープはより有機的な形状を好むかもしれません。

最後に、解像度のトピックに戻ると、iPad 4と比較してiPhone 4SディスプレイのPPIが高いことがわかります(326 PPI対264)。 MathisがGalaxy Nexusにアクセスできないのは残念です。316PPIの1280×720 PenTileディスプレイは、おそらくかなりの光景です。

(画像クレジット: ルーカス・マティス



Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com