外部太陽系の異常な軌道を説明するのに「プラネット9」は必要ないかもしれません

プラネットナイン機能

2年以上前、天文学者のペアは、トランスネプテューヌ天体のグループ(TNO)の軌道が、私たち自身の太陽系に未発見の惑星が存在する証拠である可能性があることを示唆したとき、波を作りました。惑星9と呼ばれるこの仮説の世界は、地球の質量の約10倍、直径の2〜4倍で、太陽の周りを1回移動するのに15,000年もかかる長い軌道になります。しかし現在、別の研究者グループが、Planet 9がまったく存在する必要がない理論を提唱しています。代わりに、彼らは、惑星9を必要とせずに、トランスネプテューヌ天体(TNO)の十分に密なグループが、今日見られる同じ軌道のいくつかを集合的に作成した可能性があると考えています。

確認するには: 一次証拠 プラネット9の存在は、私たちの太陽系内で非常に珍しい軌道を持つ多数のTNOがあるためです。下の画像は、これらのTNOの軌道を示しています。 仮説軌道 プラネット9の金。



多くのカイパーベルトオブジェクトの非常に珍しい(奇妙に似ている)軌道。 Caltechによる画像



の基本的な議論 プラネット9 この(比較的)大規模なオブジェクトグループの同様に異常な(または異常に類似した)軌道は、さらに大きなオブジェクトが作用したことを意味します。しかし、コロラド大学ボルダー校の天体物理惑星科学科の助教授であるアン・マリー・マディガンは、別の議論を持っています。セドナを含むいくつかのより大きなTNOは「切り離されたオブジェクト」と見なされます。つまり、海王星や太陽系の他の物体との強い重力相互作用はありません。マディガン教授の論文の要約 読む

(O)観測は、海王星によって散乱されたオブジェクトのそれとは異なる動的履歴をもつ、離れたTNOの大きな集団があることを示唆しています。これらの巨大な小惑星が分離する物理的メカニズムは現在不明です。ただし、異なる質量のTNO間の相互歳差と相互の経年重力トルクによって引き起こされる現象を発見しました。この現象は、巨大な小惑星を自然に引き離します。このメカニズムは、外部の太陽系に顕著な影響を与える可能性があり、散乱したディスクの近くの小惑星の分離した個体群の起源にいくつかの光を当てるかもしれません。



小さなTNOは、少数の大きなTNOよりもはるかに速く移動する可能性があります。 Space.com、それらを一緒に束ねさせます。この束ねる効果は、それらの物体が近づくにつれて、より大きなTNOのパスを再形成します。時間が経つにつれ、これにより、異常で楕円率の高い軌道を持つより大きなTNOが、太陽系の他の部分から「切り離される」可能性があります。この潜在的な説明がこれまであまり検討されていなかった理由は、数百万から数十億年にわたる数百のTNOの重力相互作用をモデル化しようとすると、一次太陽系の全体的な進化を考えると計算集約的で不必要になる傾向があるためです。

マディガンは、彼女自身の理論は、観測されたすべての条件に、Planet 9ほどよく適合していないことを指摘しています。たとえば、分離されたさまざまなTNOの軌道がすべて同じように傾斜する理由についての説明はありません。一方、Planet 9はこれを説明します。そして、彼女自身の理論では、これまでに観察したよりもはるかに多数の小さなTNOの存在が必要ですが、私たち自身の限られた望遠鏡がこの矛盾を説明している場合があります。セドナ自体は2003年に発見されただけでしたが、2005年には2番目に大きい(体積で)最も大きな準惑星であるエリスが発見されました。そもそもそこにあるなら。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com