太陽電池内蔵のスマートフォン画面

太陽電池内蔵のGalaxy Nexus(ちょっと)

London Center for Nanotechnologyの独創的な研究者が、一連の太陽光発電(太陽光発電)セルをスマートフォンのディスプレイの背後にある非常に興味深い場所に押し込みました。

昨年末に材料研究会で調査結果を発表したArman Ahnood氏によると、OLEDディスプレイによって生成される光の36%のみがまっすぐに投影されます。残りは、散乱光またはディスプレイの端からの出血として無駄になります。 Ahnoodは、かなり基本的なロジックの飛躍で、OLED画面の背面と側面を覆う太陽電池を作成し、この無駄な光を捉えました。



ただし、最良の点は、Ahnoodのセルが、OLEDやLCDディスプレイ自体と同様に、薄膜の形をとることです。この太陽光発電層をOLEDディスプレイ(下図)を構成するフィルムのスタックに接着し、最終的には無駄な光を自動的に集めるOLEDスクリーンを作ります。さらに、OLEDとLCDは完全に不透明ではないため、これらの薄膜太陽光発電は周囲の光を集めます。



AMOLEDディスプレイ現在、スーパーキャパシターといくつかの回路を含むAhnoodのシステムの平均効率は11%です。 30%に達している商用太陽光発電よりも大幅に低いですが、その自由エネルギーを覚えておいてください。標準的な3.7インチのスマートフォン画面の場合、システムは現在、合計5ミリワットを出力できます。繰り返しになりますが、多くはありませんが(おそらく現代のスマートフォンの100分の1)、何もないよりはましです。

Ahnoodとロンドンナノテクノロジーセンターの他の研究者の次のステップは、設計と材料を実験して効率を最大90%にすることです。その時点で、システムは電話の寿命を数時間延長する可能性があります。他のエナジーハーベスティング技術を投入してください。たぶん、1回の充電で1日以上持続するスマートフォンが存在するかもしれません。



続きを読む IEEEスペクトラム

画像クレジット

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com