Office 2013:Microsoftのクラウドベースのスタンドアロンのsorta-Metro生産性スイート

Office 2013インストーラー画面

Microsoftは次のOffice 2013(別名Office 15)スイートの新しいカスタマープレビューデモをリリースしました。この製品を数時間かけて、いつ期待できるかを感じました。 2013年の初めに完全版が削除されます。 Microsoftによると、Office 2013はクラウドベースの製品であり、サブスクリプションサービスにサインアップしたくない人のために、物理的な永久ライセンスオプションを備えています。 Metroの完全な実装ではないMetroesqueであり、移行中の製品です。

MicrosoftのCEOであるスティーブバルマーによると、Office 2013は「サービス第一」です。過去10年間に同社の株価が低迷しているため最近数か月で非難された幹部は、Office 2013は「これまでに行われたOfficeの最も野心的なリリース」であると主張しました。



その「サービスファースト」の考え方の一部として、Office 2013は効果的にOffice 365に組み込まれ、現在はホームプレミアムサブスクリプション風になっています。これまで、Office 365は完全にビジネス製品でした。 Microsoftは、SkyDriveなどの機能を統合し、マルチライセンスファミリーパックを提供することで、これを変えることを望んでいます。 Office Home Premiumにサインアップすると、最大5台のデバイスのライセンスが付与されます(もちろん、Microsoftは一連のSurfaceタブレットになることを期待しています)。



オフィスアカウント管理

Office 2013を購入する

クラウド統合は「Office on Demand」の形で提供されます。これにより、ソフトウェアがインストールされていないシステムにソフトウェアをストリーミングし、ドキュメントをリモートで編集して、ファイルをオンラインで保存できます。 Office 2013では、ファイルはデフォルトでSkyDriveアカウントに保存されます。HomePremiumエディションを選択したお客様には、毎月60分のSkypeアクセスと20 GBの追加のSkyDriveストレージスペースが提供されます。



1回限りのオファーとして、これはかなり魅力的なパッケージです。サブスクリプションとして、それはかなり危険です。 Microsoftがこのアプローチで直面する問題は、ホームユーザーの大多数がOfficeアップグレードを購入することはめったにないことです(最初にOfficeアップグレードを購入したと仮定した場合)。たとえば、その年にExcelでデビューした新しいグラフエンジンが欲しかったので、Office 2007にアップグレードしました。それ以来、2007年版のExcelは必要なすべての機能を備えているため、新しいコピーを購入していません。 Microsoft Wordのニーズが1997年以降変更されたかどうかはわかりません。両親はまだWord 2003を使用しており、訪問中に問題なく作業できました。

Office 2010 Home&Studentのフルコピーは、1台のPCで$ 119.45、最大3台のPCで$ 149.95です。これには、Word、Excel、OneNote、PowerPointが含まれます。 Home Premiumサブスクリプションフレーバーの価格はまだわかりません。私のユースケース(5年間のアップグレードサイクル)では、3つのライセンスが必要であると仮定すると、1ライセンスあたり年間$ 9.93になります。マイクロソフトがHome Premiumを途方もなく安価にしない限り、5年間でのサブスクリプションには、$ 119のライセンスを購入するよりも大幅にコストがかかります。 5ライセンスのオファーは、実際に 必要 ライセンスは5つですが、家族の家でさえ、実際に最新かつ最高のOfficeフレーバーを実行する必要があるのは1〜2台のコンピューターだけだと思います。

Office 2013の使用

インストール中に、OfficeはWindows Liveを使用してサインインするように求めます。次に、SkyDriveを構成し、Windowsエクスプローラーの[お気に入り]の下にリンクを添付します。



SkyDriveの統合

Office 13で[ファイル]をクリックすると、次のメッセージが表示されます(アプリケーションの例としてMS Wordを使用しています)。

メトロワード

場所を選択すると、使い慣れたファイルダイアログウィンドウが必要な場所に開きます。ただし、新しいインターフェイスの特徴の1つは、ダブルクリックとシングルクリックの処理方法です。 [場所]のいずれかの場所をダブルクリックすると、その場所にファイルダイアログボックスが開きます。 シングルクリック 右に1列の任意の場所で、同じことが起こります。 SkyDriveの統合は、ドキュメントを常に利用できるようにするための便利な機能であり、ローカルとオンラインの両方で自動的に保存されます。

メインの編集インターフェースについては、Office 2007とOffice 2013のデフォルトビューを示す一連のスクリーンショットを次に示します。Office2013では、左上隅の「W」はウィンドウのサイズ変更またはアプリケーションを閉じるためのものです。 Word 2007/2010の[スタート]ボタンでアクセスしていた古いファイルダイアログは、[ファイル]にあります。

ワード13/2007

Word 2007のデフォルト画面

大きな違いの1つ、そして私が乗り越えるのが難しいことの1つは、Word 2013が文字通り私の目を傷つけることです。とにかく、私はとにかく目の疲れに問題がありますが、Wordの容赦ない白と黒のコントラストは、一瞬でも他に見る場所がないことを意味します。 Excelはさらに悪い。

Excel 15-Office 2013

人間にはよく知られている偏見があり、それによって親しみやすさと品質が融合します。そのため、意図的に、新しいクロムレスUIに熱心に取り組むつもりはありません。しかし、私の直感は、Microsoftの絶え間ない簡素化によって、特定のアイテムを識別しにくくする設計を作成したことです。 Office 2007では、リボンのクリップボード、フォント、配置、および数値オプションの背景が少し異なります。リボン全体で個別のサブグループとして区別するのに役立ちます。新しいバージョンでは、それらをサブグループとして識別した微妙なカラーバリエーションがなくなりました。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com