IntelがIvy Bridge CeleronとPentiumチップを発表、22nmで完全な信頼を示す

IntelのハイエンドCPUアップグレードと主要な技術イニシアチブは多くの報道を得ていますが、同社のローエンドアップデートは間違いなくはるかに多くの人々に影響を与えています。 Chipzillaは、Celeronラインを刷新する新しいシリーズのIvy Bridgeプロセッサと、新しいローエンドのCore i3をリリースしました。

新しいCeleronチップは、1つの35W低電力バージョンを備えた55Wの部品です。速度は通常、古いCeleronと同じですが、比較はSKUによって異なります。古いCeleron G55(32 nm、2.7 GHz、52ドル)は、新しいCeleron G1620(22 nm、2.7 GHz、55ドル)ときれいに一致します。両方のチップは同じ量のL3キ​​ャッシュ(2MB)を共有しますが、新しい部品のTDPは以前のチップよりも10W低くなっています。同様に、新しいPentium G2130は、G870に比べてクロック速度が100Mhz速く、トップエンドクロックは3.1ではなく3.2GHzです。 TDPは65Wと比較して55Wで、定価は$ 75から$ 86です。



新しいチップは、多少改善されたグラフィックを備えているはずです。 Intelはこれらのパーツにモニカを割り当てず、「HD」を除いて、パーツ内のGPUはHD 2500グラフィックスを備えたCore i3プロセッサと機能的に同じです。残念ながら、それでもまだそれほど良くはありません。



最後に、 新しいCore i3。 Core i3-3210は、Core i3-3220を、117ドルの価格でIntelの最も低いCore-i3 CPUとして引き継ぎます。追加の31ドルは、ハイパースレッディングとAVXサポートを購入します。それが価値があるかどうかは、チップで実行する予定の作業の種類によって異なります。

これらのローエンドのアップデートがインテルの主流のロードマップとどのように結びついているのか知りたい場合は、関連するドキュメントを以下に示します。



Haswell / Ivy Bridgeロードマップ

ローエンド製品(ここには表示されていません)をIvy Bridgeに変換すると、22nmはまもなくIntelの出荷の大部分を占めるようになります。 Sandy Bridge-Eは引き続き プレミア製品ファミリー 2013年の第3四半期まで、第3世代のIvy Bridge-Eがついにチップアップします。 Ivy Bridge-EとHaswellがどのように崩壊するかを見るのは実際には非常に興味深いでしょう。インテルの次世代アーキテクチャーには、6コアのIVB部品でさえも実質的な利点をもたらす可能性のあるいくつかの機能があります。 Haswell-Eの出荷時期や、2011年後半に発売されたX79 LGA2011マザーボードとの互換性についてはまだ発表されていません。Intelの過去のリリース履歴に基づいて、私はそうは思わないでしょう。 IVB-Eはドロップイン互換性がありますが、Haswell-Eはそうではない可能性があります。

ここでの大きなニュースは、Intelの22nmの歩留まりは、同社が全製品ラインにわたってローエンド製品を量産するのに十分良いことです。マージンを高く保つには、ローエンドでコストを管理することが不可欠です。インテルは、CeleronとPentiumが利益を上げることができると確信するまで、22nmに移行しませんでした。



AMDに関しては、新しいチップがIntelと競合する危機に瀕したメーカーの能力に大きな影響を与えるべきではありません。ここでの更新は比較的小さく、AMDのTrinityは 積極的に配置 昨年の発売時。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com