インテルが最初のデュアルコア/クアッドスレッドスマートフォンSoCであるClover Trail + Atom Z2580を発表

Intel Atom Z2580、Clover Trail +

Intelが最初の電話用SoCであるMedfieldを発表してから1年余り、このプラットフォームを使用する最初のデバイスが市場に登場し始めてから10か月が経ちました。 MedfieldはIntelにとって重要な立ち上げでした。これは、会社がx86チップをスマートフォンの仕様に合わせて構築できることを示していました。しかし、同社の当初の目標は、競争力のある製品を生み出すことであり、市場をリードするものではありません。

インテルは本日、バルセロナで開催されたモバイルワールドカンファレンス2013で、メドフィールドの後継コードネームClover Trail +を発表します。 Clover Trailはタブレットプラットフォームであるため、名前はやや混乱しています。インテルは、新しいチップを「Medfield +」と呼んでこれを簡素化できたでしょう。それにもかかわらず、Clover Trail +はスマートフォン製品です。実際のチップは、XMM 6360を搭載したAtom Z2580と呼ばれます(これはIntel独自のモデムソリューションです)。モデムは、昨年Medfieldに同梱されていたXMM 6260を少しアップグレードしたものです。 6360は、大幅に小型のパッケージでHSDPA経由で最大42Mbpsをサポートします。また、インテルはMWCで一連のベイトレイル(次世代の故障したAtom)とMedfield製品の勝利を発表しました。



今回、IntelはSKUのフルセットを複数の価格で発売します。デュアルコアスマートフォンテクノロジーを本格的に立ち上げることは、深刻な方法です。



新しいAtom SKU

ハイエンドでは、Z2580は最大2 GHzと最大4つのスレッドで動作し、Z2560とZ2520はそれぞれ1.6 GHzと1.2 GHzでトップを占めます。 Z2560は、デュアルコアのメリットにより、昨年のMedfieldよりも高速であるはずです。一方、Z2520は、IntelのZ2420に取って代わります(コア/スレッドの数を2倍にします)。 Clover Trail +のもう1つの大きな利点は、基盤となるグラフィックスの処理能力です。グラフィックスのパフォーマンスは 比較してメドフィールドがたるんだ場所 2012年の現代のスマートフォンに、そしてインテルは2013年のパフォーマンスを向上させるための措置を講じています。 Z2580は、Medfieldの400MHzシングルコアSGX540と比較して、最大533MHzで544GXMP2チップを使用します。



このアップグレードにより、Clover Trail +のグラフィックスパフォーマンスは2倍以上になり、Clover Trailのタブレットパフォーマンスよりも高速になる可能性があります(チップが熱の最大値とダウンスロットルを超えない場合)。

Z2480対Z2580

ハイエンドでの総アップグレードは上記にまとめられています。 Z2580は、4倍のストレージ、コア/スレッドの2倍、2 GHzブーストクロックの保持、最大RAMの2倍、カメライメージングセンサーと機能の向上、Android 4.2(Jelly Bean)のサポートを追加します。この時点でWindows Phone 8をサポートするかどうかをIntelに尋ねましたが、現時点ではAndroidのみの番組です。 Intelと話をしたところ、同社はAndroidが論理プロセッサと物理プロセッサの違いを認識でき、コードを最適にスケジュールできることを確認しました。つまり、CPU 0 + CPU 1で実行されているスレッドがなくなることはありません。 CPU 0とCPU 2で実行するのではなく、CPU 1はハイパースレッドコアです。



インテルの2013年の位置付け

インテルは今朝の発表に向けてスマートフォンを公表する準備ができていませんが、次に何が起こるかについて、知識に基づいた推測を行うことができます。インテルは昨年、x86スマートフォンプラットフォームを構築し、いくつかのデザインウィンを獲得し、一部のデバイスを出荷できることを実証して満足しました。今年は、より積極的な位置付けが見られると思います。さまざまな携帯電話メーカーがめちゃくちゃになって、めちゃくちゃ高解像度の画面を備えたクアッドコアデバイスを構築しています 境界を押し広げる スマートフォンとタブレットの間。すでに、Nexus 4を見てきました。これは、最高速度を達成できないスマートフォンです。 冷凍庫に入れない限り。消費者が5.5インチの画面と4時間のバッテリー持続時間を備えたスマートフォンを望んでいるという貴重な証拠はほとんどありませんが、市場はこれらの問題について特に賢明ではありませんでした(参考として、2011年のAndroidタブレットの大失敗を参照してください)。

インテルはまだ心に留めている独自のストアを持っています。同社は、プロセステクノロジーを低下させたり、クロック速度を低下させたりせずに、デュアルコアCPUをスマートフォンにドロップできると主張しています。本当なら、それはかなり印象的です。 Chipzillaがそれをうまくやるとすれば、2013年に発売されるClover Trail +電話は、電力消費とパフォーマンスのバランスが優れているはずです。 Intelの2013年の目標は、毎年の大幅な改善のサイクルでより優れたスマートフォンを構築できることを実証することです。

そうは言っても、Clover Trail +はまだ古い順序正しいコアのイテレーションです。 Intelは、2013年後半のベイトレイルの発売まで、そのaゲームと戦うことはありません。ベイトレイルは、ハイパースレッディングを避けて22nmのネイティブクアッドコアを支持する、Atomコアの22nmフルオーバーホールです。バルセロナでのMWC 2013で、インテルは2013年ホリデーシーズンに到着するBay TrailタブレットのODMおよびOEMサポートをすでに発表しています。モバイルにおけるクアッドコアの長期的なメリットについてはまだ疑問がありますが、インテルは全体的な消費電力を削減するという比類のない実績があり、22 nmに移行すれば、競合他社に先んじてフルノードになるでしょう。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com