IBMの670億ドル規模のSAGEの中で、史上最大のコンピューター

SAGE、コンピューター歴史博物館

IBMは1957年に、世界最大のコンピューターである半自動地上環境の構築を開始しました。 20か所以上の異なる場所にまたがり、それぞれにエーカー規模のコンピューターが装備され、最先端の1,300ボーモデムの全国規模のネットワークで接続されていたSAGEは、米国の冷戦レーダーとミサイル防空の頂点でした。

SAGEは、ほとんどのスーパーコンピューターと同様に、ビッグデータの問題を解決するために構築されました。冷戦中、北米中の何百ものレーダー設備がソビエトのミサイルと爆撃機を常に監視していた。ご想像のとおり、これらのステーションは大量のデータを生成しました-すぐに分析して対処する必要のある大量のデータ。米国の物理的な規模、最新のジェット機の高速性、および可能な攻撃ベクトルの数の多さから、米軍はコンピュータのネットワークが唯一の実行可能な解決策であると決定しました。



SAGEレーダーと方向中心マップ



SAGEは20か所ほどの方向センターで構成されており、それぞれが窓のない1エーカーの大きなコンクリートキューブでした(以下を参照)。各DCの内部には2つのCPUがあり、それぞれが7,500平方フィートを測定し、60,000の真空管、175,000のダイオード、13,000の新しいフランジ付きトランジスタ、および256KBの磁気コアRAMで構成され、合計3MWの電力を消費し、250トンの重量があります。各CPU —一度に1つのCPUのみが動作します。もう1つは、ダウンタイムを最小限に抑えるためのホットスペアとして保持されていました。1秒あたり75,000命令を実行でき、150のCRTコンソールに大量のレーダーデータを出力するのに十分でした。

SAGEコンクリートキューブ



による スコットロックリン、これはCRT(陰極線管)モニターを使用した最初のシステムであり、磁気コアRAMを使用した最初のシステムです。 (見る: コンピュータストレージの歴史。)下の写真を見るとわかるように、SAGEのオペレーターは、ライトペンを使用してCRTとやり取りしました—最初に、NESのライトガンザッパーが到着する約30年前。

SAGE CRTインターフェイス、ライトガン付き

各方向センターは、AT&T電話回線(中央の硬化した地下バンカーを通る)とマイクロ波タワーによって、互いに、少数のコマンドセンターと数百のレーダーセンターに接続されていました。各電話回線の終わりには、Bell 101モデムがありました。これは、最初に量産されたモデムであり、ASCIIを使用する最初のデバイスです。 SAGEは最初の広域ネットワークの1つであり、SAGEに取り組んだ多くの人は、 1969年のARPANETの作成。 ARPANETは、気づかなかった場合、最終的には インターネット



この時点で、SAGEの「半自動」部分とは何か疑問に思われるかもしれません。信じられないかもしれませんが、SAGEは実際には迎撃機(F-101BブードゥーやF-4ファントムなど)と防空ミサイルを発射および制御するテクノロジーを備えていました。恐ろしいことに、SAGEが発射して制御できるミサイルの1つは、核弾頭を備えたCIM-10 Bomarc(下のビデオ)でした。 SAGEは、レーダーステーションから送信されたHF、VHF、UHF無線信号を介して航空機やミサイルと通信しました。

総じて、SAGEシステムのコストは、1954年には約100億ドル、今日のお金では約670億ドルと見積もられています。これは、第二次世界大戦中に米国がマンハッタンプロジェクトに費やした金額の約3倍です。 SAGEは1963年から1984年まで継続的に運用を続け、北米中の何千人もの人々がレーダー画面を常にスキャンしてソビエトの攻撃を探し、全員がラジコンを発射する機会を求めていました。しかし、現在私たちが知っているように、SAGEは、21年間の運用を通じてアクションがあったとしてもほとんど見ていません。ただし、670億ドルという値札を法外なものとしてラベル付けする前に、次のことを覚えておいてください。SAGEが構築されたことがない場合、インターネットなし、IBMなし、航空管制システムなしの世界に住んでいる可能性があります。お互いを呼び出す 同志

SAGEの詳細については、下に埋め込まれた20分間のインフォマーシャル(米国空軍自身が作成)をご覧ください。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com