どのくらい明るいですか? LCDディスプレイとAMOLEDディスプレイの比較の難しさ

AMOLED

スマートフォンエコシステムでは解像度の競争が続いていますが、ディスプレイに多くのピクセルを詰め込むだけでは、印象を与えることが難しくなっています。 2560×1440が主力の画面解像度の事実上の標準となっている今、私たちは弱いものと強いものを区別するための新しいメトリックが必要です。ディスプレイの明るさはそれだけかもしれません— Samsungは明るさについて大いに重要視しました Galaxy S5 LG G3のディスプレイが本当に素晴らしいものでなくなったのは、低輝度が原因です。

解像度の測定は簡単ですが、特にAMOLEDの場合、明るさは別の話です。実際、AMOLEDディスプレイの明るさを測定する方法と適切な数値を持つ人物については、いくつかの論争がありました。たとえば、Anandtechは、Nexus 6ディスプレイの輝度が258ニットでピークに達したことを報告しましたが、他の人は最大輝度として400ニットを挙げています。それで、誰が正しいのですか?技術的には、誰もが正しいかもしれません-彼らはさまざまな意味でちょうど正しいです。



AMOLEDディスプレイ

AMOLEDディスプレイは非常にシンプルで数層のみで構成されています。そのため、通常、LCDディスプレイよりも柔軟性があります。



LCDとAMOLEDは、スマートフォンで一般的に使用されている2種類のディスプレイ技術です。 LCDは古い技術であり、これらの明るさの測定値は本当に疑わしいものではありません。 LCDは、LEDのバンクに依存して、液晶アレイを通して光を照射し、目的の色を生成します。これらのLEDの輝度は最大であり、ユーザーに到達できる光の量は、ピクセルのサイズと数によって決まります。

読んだ:デルが5Kデスクトップモニターを発表



AMOLEDはより新しいテクノロジーであり、多くのトップスマートフォンに登場し始めています。 AMOLEDが光を生成する方法のため、ここでの明るさの測定は正確なプロセスではありません。個別のバックライトを使用するのではなく、フォトンは各サブピクセルによって直接生成され、電圧が印加されると赤、青、または緑に光ります。黒を表示したい場合、AMOLEDピクセルは単にオフになります。これはおそらくAMOLEDテクノロジーの最もよく知られている特性です。黒い画像を表示するときに消費電力が少なくなります。

明るさvs APL

AMOLEDの明るさを測定するのが難しくなるのは、AMOLEDのテストに使用する画像です。 LCDとは異なり、AMOLEDピクセルの最大輝度について合意はありません。 AMOLEDには、平均ピクセルレベル(APL)と呼ばれるプロパティがあります。これは、点灯しているピクセルの数をパーセントで表したものです。黒い画面は0%、すべての白い画面は100%、そして赤/緑/青の画面は33%になります。使用しているピクセルが少ない(APLが低い)場合、ディスプレイは 個々のピクセルにより多くの電力を割り当てます、彼らはより多くの光を出すことを意味します 明るい場所で。 30%APLでNexus 6の画面は400ニット以上を出力できますが、100%(すべて白)では約250ニットです。



だから、誰も本当に 違う ここでは、それらは非常に異なる数を持っていますが。 AMOLEDを使用してより高い輝度レベルを生成し、それを測定して、それを最大と呼ぶことは理論的には可能です。ただし、日常的に使用する場合、ほとんどの画像のAPLはかなり高くなります。これは特に、白いUI要素が多いAndroid 5.0に当てはまります。たとえば、Lollipopの設定画面は約84%のAPLです。

Anandtechは測定に100%のAPLを使用しているため、「最大」数についての混乱。実際には、これらの報告された値よりも20%高い明るさを感じるかもしれませんが、非常に低いAPL(つまり、Nexus 6の場合は400ニット)で得られた数値に依存することは、単に非現実的です。真実はその中間にあります。

今読んでください:OLEDがついに勝利:Galaxy S5は市場で最高のスマートフォンディスプレイを搭載

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com