ギガバイト、2000ワットのZ77X-UP7マザーボードで地球温暖化を模倣

ギガバイトZ77X-UP7マザーボード、最大2000ワットの電力を供給

そうみたいです 誰か ある台湾のマザーボードメーカーに、人類の文明が現在、電力と地球温暖化の危機を乗り越えていることを伝えるのを忘れていました。 6月にComputexで予定されているZ77X-UP7 Ultra Durable 5マザーボードを発表した後、Gigabyteはその主力ボードが 2000ワット CPUに。

これだけの電力を供給するために、Z77X-UP7には、60アンペアのPowIRstage 3550 MOSFETによって提供される32相VRM(電圧レギュレータモジュール)があります。 2000ワットを消費するために、ギガバイトは2つの1200ワットコルセア電源と、それぞれ300、300、200アンペアに設定された3つの「DC電流マシン」を接続しました。 2.42ボルトで、これらのDCマシンはわずか2,000ワットを消費します。上の画像(または下のビデオ)で、マザーボードがいくつかのファンで空冷されていることがわかりますが、それ以外の設定は例外ではありません。





この図を分析すると、最新の Core i7-3770K Ivy Bridge CPU 消費電力は約80ワットです。つまり、理論的には、ギガバイトのマザーボードに25ソケットある場合、32フェーズVRMは実際に同時に25のIvy Bridge CPUに電力を供給できます。

Gigabyte Z77X-UP7 Ultra Durable 5マザーボード



もちろん、実際には、Z77X-UP7にはソケットが1つしかなく、最も極端なオーバークロックであっても2000ワット近くになることはほとんどありません。 (2000ワットを消費できる冷却ソリューションはありますか?)ギガバイトは、2000ワットの上限を備えたUP7(およびUltra Durable 5)が、オーバークロック用の最も安定したプラットフォームを提供すると述べていますが、最大ワット数と安定性の間の直接相関。驚くほど高い上限しきい値を設定して世界記録を樹立することを心配するよりも、オーバークロッカーが期待することができる最高の、最も純粋な500ワットを提供できるマザーボードに焦点を合わせた方がいいのではないでしょうか。

Z77X-UP7は今年の後半にリリースされる予定です。名前が示すように、マザーボードにはZ77 ExpressチップセットとLGA1155ソケット(Sandy BridgeまたはIvy Bridge)が搭載されています。その他の卓越した機能は、デュアルGig-Eインターフェイス、6 Gbps SATAポート6個、USB 3.0ポート10個、PCIe 3.0、および4ウェイSLIまたはCrossFireXのサポートです。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com