Linuxコマンド入門

機能を追加してみようと思ったことがあるかどうか 自宅のNAS、ルート化されたスマートフォンでコマンドを実行するか、Ubuntuなどの強力な新しいデスクトップ環境のいずれかを試してみると、コマンドラインを使用してLinuxと直接やり取りする必要に出くわす可能性があります。 Unixライクなコマンドに慣れていない場合、それらはかなり不可解かもしれません。幸いなことに、そのうちのいくつかを学ぶことで、あなたは自分の道を見つけることができます。

Unixについて、そして今やLinuxについて最初に知っておくべきことは、その作者があまりタイプすることを好まなかったことです。コマンドは、たとえば、Windowsでコマンドラインを使用するときに見つかる、より長いバージョンの短い省略形である傾向があります。 ネコ 連結の略で、 PS プロセスのために、 ls リストなど。オプションは同様に扱われ、「-a」は-allなどの一般的な同義語です。幸いにも、多くの場合、Linuxはより長く、読みやすいバージョンのコマンドラインオプションを、短くて読みにくい代わりに追加しています。 、バージョン。したがって、たとえば「-a」の代わりに「-all」を使用できます。



Linuxは、WindowsやDOSとは異なり、コマンドに関して大文字と小文字が区別されるため、「ls」は「Ls」や「LS」と同じではないことも覚えておく必要があります。同様に、オプションとしての「-d」は「-D」とは異なるものを意味します。



Linuxでの移動

あなたが最初に Linuxシステムにログインする、あなたはあなたのホームディレクトリにいます。 (システムに依存する)プロンプトと空白で迎えられます。あなたがどこにいるのか、何がそこにあるのかを確認するには、以下を使用できます。

pwd —作業ディレクトリを印刷します。あなたはこれらのコマンドのいくつかが何歳であるかを単語として知ることができます 印刷する 1970年代のほとんどでUnixシステムで使用されていたオリジナルの紙製テレタイプ端末を指します。



ls —リスト。現在のディレクトリにあるファイルのリストを出力します。別のディレクトリをリストしたい場合は、 ls 。デフォルトでは、lsは現在のディレクトリ内のファイルの名前のみを提供し、「隠された」ファイル(名前がピリオド(。)で始まるファイル)を無視します。を使用してデフォルトの動作を変更できます ls -l 各ファイルに関する情報を印刷する、または ls -a 隠しファイルを含めます。通常のLinuxコマンドでは、必要に応じて2つのオプションを一緒に追加するだけでよいので、 ls -la 隠しファイルを含む、現在のディレクトリ内のすべてのファイルに関する情報を出力します。

Linuxのほとんどすべてのコマンドは、この同じコマンドライン構造に従います。コマンドの名前の後には、フラグとも呼ばれる1つ以上のオプションが続き、その後にコマンドの引数が続きます。通常、オプションは必須ではなく、何も指定されていない場合、多くのコマンドにはデフォルトの引数があります。 lsたとえば、には現在のディレクトリのデフォルトの引数があり、単一の「。」で参照することもできます。したがって、「ls」は「ls」と同じです。

lsのもう1つの便利なオプションは、出力を名前ではなく時間でソートする「-t」です。 PCユーザーにとって便利なように、「dir」は通常lsのエイリアスです。



lsには他にも多くのオプションがあるので、今はおそらく、 おとこコマンド—手動の略。タイピング おとこ 学習しようとしているコマンドを説明するページごとのドキュメントが表示されます。オプション、引数、使用方法の提案、および関連コマンドのセクションが含まれます。 manコマンドの出力を確認したら、スペースを押すと次のページが表示され、「q」を押すと表示が終了します。また、ほとんどすべてのコマンドに「–help」を追加して、たとえば、 ls --help lsコマンドについては、

CD —ディレクトリを変更します。現在のディレクトリを指定した場所に変更するだけです。例えば cd / usr / bin 作業ディレクトリを一般的なコマンドディレクトリの1つに変更します。 Linuxでは、ディレクトリパスを指定する場合、DOSおよびWindowsで使用される「」(バックスラッシュ)ではなく、セパレーターが「/」(フォワードスラッシュ)であることを覚えておいてください。

ファイルの操作

fosswire linuxコマンドのチートシート

Linuxコマンド「チートシート」はFOSSwireの厚意によるものです。クリックしてフルサイズのPDFを印刷できます。

自分の道を見つけることができるようになったので、おそらく見つけたファイルのいくつかを操作したいと思うでしょう。

cp —コピー。 1つのパスから別のパスに1つ以上のファイルまたはディレクトリをコピーします。そう cp元のファイルコピーされたファイル という名前のファイルをコピーします original_file 現在のディレクトリで コピーされたファイル。 cpコマンドは非常に強力で、「-r」オプションを使用すると、ディレクトリとファイルのツリー全体で再帰的に機能します。ソースがファイルで宛先が既存のディレクトリである場合、ソースファイルはそのディレクトリにコピーされます。

mv —移動。と同じように cp。ただし、新しいコピーの作成と元のコピーの削除の両方の権限がある場合は、ファイルまたはディレクトリを移動します。このコマンドは、DOSの「名前変更」コマンドの代わりにも使用されます。

Linuxのファイル名はかなり長くなる可能性があるため、入力するのは面倒です。幸い、Linuxではワイルドカードを使用してファイル名をパターン一致させることができます。 (これは技術的にはシェルと呼ばれるコマンドラインインタープリターのプロパティですが、Linux自体の一部のように機能します)。 「*」文字は任意の文字シーケンスと一致し、「?」任意の1文字と一致します。したがって、「ls *」は、現在のディレクトリにある非表示でないすべてのファイルをリストします。同様に mv * output_directory 現在のディレクトリ内のすべてのファイルをという名前のディレクトリに移動します 出力ディレクトリ 存在する場合。

多くのLinuxエディターがあります。ディストリビューションに応じて、1つ以上の ピークナノ (ピコと同様)、 我々 または 私が来た (viの改良版)。それぞれに独自のコマンドセットがあります。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com