富士通はTCPより30倍速い新しいデータ転送プロトコルを開発します

高速インターネット

主なデータ転送プロトコルには、伝送制御プロトコル(TCP)とユーザーデータグラムプロトコル(UDP)の2つがあります。各プロトコルについて知っておくべきことが1つあれば、TCPはエラーのチェックに時間がかかるため遅くなり、UDPはエラーをあまりチェックしないため高速になります。明らかに、両方のプロトコルで示されているように、エラーを厳密にチェックする必要があると、転送プロトコルの速度が制限されますが、富士通は、UDPのようなプロトコルにエラーチェックを追加し、より高速を維持する方法を見つけたと発表しました。

基本的なレベルでは、TCPは順序付けられた検証済みの配信を通じてデータを配信します。建物の中にゆっくりと入ってくる人の単一ファイルの行を想像し、次に警備員がリストをチェックして、本当に人が入ったことを確認します。ラインは一定のペースで移動しますが、建物に入るのは一度に1人だけです。 UDPに関して基本的には、建物の外に立っている同じ列の人々を想像してください。ただし、警備員は人々が入ったときにリストから人々をチェックしません。確かに、ほとんどの人はとにかく建物に入りたいと思っていますが、それができなかった場合、警備員は行方不明者を探すのではなく、本当に気にせず線を動かし続けます。基本的に、 富士通の新しいプロトコル 外出して、行方不明者を前の警備員よりもはるかに迅速に見つける警備員を雇った。



現在の名前のない転送プロトコルは、標準のTCPで提供されるものの最大30倍の速度を提供すると富士通は主張し、仮想デスクトップオペレーティングシステムのレイテンシを以前に経験したレイテンシの1/6未満に減らすプロトコルを引用します。プロトコルはソフトウェアベースであり、転送で失われたデータを再送信するより効率的な方法を採用するだけでなく、データが最初に失われたかどうかを確認するより効率的な方法を採用して機能します。新しいプロトコルは、帯域幅の効率的なリアルタイム測定も実行し、必要に応じてデータの転送を割り当て、制限します。それに加えて、富士通は新しいプロトコルがTCPレベルを基本レベルから高速化し、本質的にTCPを一般的に高速化すると主張しています。



プロトコル速度

一般的な速度パフォーマンスと強化されたデータ損失防止(特にリモートデスクトップの遅延の削減)により、新しいプロトコルは長距離の共同プロジェクトを大幅に支援するように配置されています。富士通はまた、新しいプロトコルは、ファイル転送の高速化やWebブラウジングなど、日常のユーザータスクを強化できると主張しています。ソフトウェアのみのインストールのおかげで、ハードウェアを交換する必要がないため、配布の準備ができたら、プロトコルを簡単に公開できます。



実際の公開テストがなければ、リモートデスクトップのレイテンシが1/6に削減され、データ転送速度が最大30倍に向上したという富士通の主張が実際に達成可能であるかどうかを判断することはできませんが、おそらく企業は試みていません。それが何かを改善しなかった場合、新しいプロトコルを開発する。富士通は正確には言っていませんどうやって 新しいプロトコルは上記の一般的な説明とは別に機能しますが、会社がその秘密を明かした場合、今年後半に予定している新しいプロトコルを商品化することはできません。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com