クーラーが消耗していますが、どちらの方向ですか?

CPUクーラー

私はそこに立って不動で、事件をじっと見つめていました。どうにかしてみてください、私は私の周りのすべての口論反響を遮断することができませんでした。

「確かに、それはおそらく大丈夫です。しかし、逆の方が良いかもしれません。」



「おい、それは重要ではない。」



「あなたはそれを知りません!ひっくり返すと、ロゴは表が上になります。」

「それは実際にはもっと良い理由です。しかし、それがこれらの2つの方向のいずれかに面している限り、誰が気にかけますか?そのうえ、変わるのに数分かかります。」



「しかし、それが違いを生むなら…」

「ここで聞いて…」

そして何度も。



私はコンピュータを構築している間、そしてええと、他の多くの決定をしている間、かなり頻繁に私自身とこの種の議論をしていますが、それはここにもそこにもありません-しかし、彼らが私の頭の範囲内でこれほど混同することはめったにありません。私は正しいことをしたかったのですが、正しいことを理解するだけでは十分に困難でした。そして、このすべてのストレスと不確実性は、CPUクーラーの向きを超えていましたか?

はい、はい。何と言えばいい?暑さでお休みです。しかし、それには十分な理由があります。

ファン製ケース8年または9年前のある夏、大学卒業後の貧困の最中に、私の(自作)デスクトップは非常に奇妙な動作を始めました。ロックされ、再起動され、無数の奇妙なエラーが表示されました。コールドブート直後ではなく、長時間使用します。少し調査と実験を行った結果、CPUは常に過熱しており、ニューヨーク市の湿度が高まっているため、状況は日ごとに悪化していると結論づけました。しかし、新しいコンピュータを購入する余裕はありませんでした。換気装置をやり直すのに十分な種類のファンを購入するだけでは、1〜2日は食べていなかったでしょう。それで、私ができる唯一のことをしました:ケースのサイドパネルを開き、12インチのデスクファンのヘッドをプロセッサから1インチほど離して配置し、それを高い位置にクランクし、24時間そこに置きました。エレガントなソリューションですか?ありえない。しかし、それは9月まで続きました。そこでは、より穏やかな気温とより良い給与の仕事が私を待っていました。

それ以来、私は新しいシステムを自分用に装備するときに、冷却を一番の関心事にしています。限りでは、私はできる限り多くの組み込みファン、追加するためのできるだけ多くの無料の場所、およびそれらの場所に収まるファンの最大数を望んでおり、すべての初日にそれらを望んでいます。そして、私が細心の注意を払って選んだケースにほとんど適合せず、ほとんどの風力タービンよりも多くの空気を移動させる大きくてホントなアフターマーケットの怪物を手に入れることができるとき、私は在庫のCPUクーラーに決して落ち着きません。これらすべてが行き過ぎであると言わないでください。私はそれを知っています。しかし、私は自分のPCで別の熱の問題を経験したことがありませんでした。 (噛まれたら、2回恥ずかしがり、申し訳ありませんが安全です。ここに、お気に入りの他の決まり文句を挿入します。)

ただし、他の人や他の目的のためにコンピューターを構築しているときは、多少の偏執狂を強制します。ほとんどの人は、システムの内部がどれほど冷たくなっているのか気にしないはずがありません。彼らは、ブレードの回転音をできるだけ聞きたくないだけです。 PCを通常よりも強く押さない場合は、AMDまたはIntelがプロセッサとパッケージ化した小型ファンヒートシンクユニット(まあ、それが IntelのクーラーレスSandy Bridge–Extremeチップ、つまり)で十分です。これらの懸念は主に愛好家の懸念であり、私は他のふりをしないように努めています。

しかし、その聴衆のためのシステムを構築する場合、人は慎重にならなければなりません。私は適切に大きく、適切に巨大なクーラー( ThermaltakeコールドOCK)そこにあるすべてのソケットで使用するように設計されており、 クーラーマスターコスモスII ケースの天井にあるファンを介して、空気が拡張吸気ファンを介して吸い込まれた後、空気が吸い上げられて排出されるようにします。はい、これはThermaltakeのロゴが水平ではなく垂直に走っていることを意味しましたが、私はそれで大丈夫でした:その時点でそれを変更すると、すべてをはぎ取り、熱伝導グリースを拭き取り、再適用し(その後、私のお気に入りのタスクではありません)、再組み立てします。繰り返しになりますが、背面パネルの排気ファンと天井の排気ファンの間に十分な違いがないため、問題が発生することはありません。正しい?

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com