アドビ、Content Aware Moveとその他のPhotoshop CS6機能を披露

Content Aware Move、Photoshop CS6

Photoshop CS6の春に予定されているローンチの準備段階で、アドビはいくつかの真剣に素晴らしい機能を紹介するティーザービデオをYouTubeに投稿し始めました。本日、CS5でのコンテンツアウェアフィルアンドヒールの評判の高い導入に続き、アドビはコンテンツアウェアムーブアンドエクステンドのデモを行いました。

移動を使用すると、オブジェクトとオブジェクトの周りに選択範囲を描画し、それを別の場所にドラッグすることができます。 Photoshopは背景を塗りつぶし、すべてが揃うようにします。 Extendでは、選択範囲を描画してからドラッグしてオブジェクトを拡張できます。 Photoshopは再びギャップを埋めます。下のビデオを見て、よだれのその水たまりを拭き取り、それから読み続けてください。





AdobeのContent Aware機能を見たことも聞いたこともない場合、それは基本的に、自動クローンブラシのような、スペースを正確に埋めようとする一連のアルゴリズムです。 Content Aware Fill and Healは通常、非常に効果的ですが、アルゴリズムが間違っている場合があります。 Content Aware Moveを使用すると、基本的にはPhotoshopに画像のどの領域からコピーするかを指示します。アルゴリズム自体が大幅に変更されたとは思いません。これは、使用方法が異なるだけです。

以前のスニークピークでは、アドビは Camera Raw 7を披露、新しい処理エンジンがあります。いくつかを示した パフォーマンスの強化;と(長い延期)の追加について喜びました 破線と点線のツール。各ビデオは翌週にアップロードされたので、2月20日と27日をお楽しみに—アドビがCS6のためにさらにいくつかのトリックを持っていると確信しています。



ビデオのいずれかを見た場合、もう1つの重要な変更に気付いた可能性があります。PhotoshopCS6は、Lightroom、Premiere、およびその他のほとんどのツールを飾る同じ濃い灰色の肌に覆われます。考え方は、インターフェイスよりも画像に重点を置く必要があるということです。簡単なことですが、Adobeがデフォルトのスキンを暗くするのにこれほど長い時間がかかったのは本当に驚くべきことです。

今後数週間でPhotoshop CS6の対象範囲が増えるので、しばらくお待ちください。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com