15歳の少女が手の熱で動く懐中電灯を発明

中空

インターネットとアプリの時代が定着するにつれ、若者(多くの場合20代前半から10代後半)は、ヒットモバイルゲームを構築したり、スタートアップを大金で企業に販売したりするなど、驚くべきことを達成しています。最近、サイエンスフェアに参加している10代の若者も、手の体温で動く懐中電灯を作った15歳の少女など、驚くべきことをいくつか実現しています。

アン・マコシンスキーのブリティッシュ・コロンビア州ビクトリア出身の15歳の高校生が ホルダーの体熱で動く懐中電灯 Google Science Fair。この発明により、彼女は15人のファイナリストのうちの1人になり、カリフォルニア州マウンテンビューに来て、今年9月に行われる授賞式に出席します。 Googleは3つの年齢グループからそれぞれ1人の勝者を選び、その中から最終的な勝者を決定します。勝者は$ 50,000の大賞とガラパゴス諸島への旅行を受け取ります。



マコシンスキー氏は収穫にかなり興味を持っていると言った 周辺環境の未利用エネルギー、ペルティエのタイルを発見した。ペルチェ素子は、ヒートシンクに熱中する人が知っているように、タイルの片側が加熱され、反対側が冷却されると電気を生成します。これにより、マコシンスキーはペルチェタイルを使用して、LEDに十分な光を生成するために十分な電力をLEDに供給しようとしました。彼女はそれは十分な電力を提供したが、十分な電圧を提供しなかったことを発見しました。彼女はあきらめるのではなく、変圧器を使用できるように回路を作り直しました。これは電圧を上げるのに役立ちます。仕事を終わらせなかった回路を購入しただけでなく構築した後、彼女は最終的に必要な電圧を供給すると主張している回路に遭遇しました。彼女はそれを買って、うまくいった。



の 懐中電灯彼女は、PVCパイプの内側に滑り込ませたアルミニウムチューブを使用して構築しました。パイプは、人の手が組み込みのペルチェタイルに接触するように、特定の領域で切り取られました。懐中電灯は機能しましたが、ペルチェタイルの温度依存性により、懐中電灯は低温(41°Fでテスト)でよりよく機能しました。懐中電灯はまだ暖かい温度(たとえば50度)でも機能しましたが、周囲の温度が低いほど、手の体温がペルチェの発電に役立ちます。懐中電灯は十分なレベルの光を20分以上維持しました。電源が切れたときにろうそくを暗闇の中で見つけるのに間違いなく十分な時間です。



合計で、マコシンスキーは懐中電灯を26ドルで製造しました。これは、バッテリーを必要としない懐中電灯には間違いなく素晴らしい価格ですが、大量生産されればさらに安くなると彼女は信じています。マコシンスキーが9月のサイエンスフェアで優勝した場合、彼女は確かに多くの懐中電灯を作ることができます。

Copyright © 全著作権所有 | 2007es.com